手芸資格講座おすすめ・ランキングガイド

MENU

満足度が高いクラフト手芸の基礎知識

クラフト手芸

満足度の高いクラフト手芸の一つに、紙バンドを用いたクラフト手芸を挙げることができます。

 

おしゃれなバッグやかご

紙バンドを用いて、おしゃれなバッグやかごを作ってゆく方法です。

 

ボンド作業をする際には

濡れタオルなどですぐにふき取るようにしてみましょう。

 

 

クラフト手芸は、今や海外にも紹介されるようになっています。満足度の高いクラフト手芸の一つに、紙バンドを用いたクラフト手芸を挙げることができます。紙バンドを用いて、おしゃれなバッグやかごを作ってゆく方法です。

 

この紙バンドが登場したのは、昭和30年代と考えられています。まずこのころ、お土産などを包装紙でくるんで紙ひもをかけるという方法が普通に行われるようになりました。そして、同じころに段ボールが注目されるようになり、ダンボール箱にかけるひもとして、紙ひもを特殊な方法で加工した「紙バンド」を使用するようになったのです。

 

紙ひもや紙バンドはデパートの紙袋の手さげの部分にも使われるようになりました。今やこの紙バンドは手芸用品としても用いられています。紙バンドですが、紙袋などのクラフト古紙100%からなる茶色、そして、牛乳パックに使われているパルプからなる白色が基本となっています。

 

カラフルなものは、白色の原紙を着色剤で染めたものとなっています。では、紙バンドを用いて作業を始めたばかりの方は、どんな点に留意することができるでしょうか。紙バンドを使って作業をしていると、紙バンドの中央部分がよくわからないと感じることがあります。

 

 

始めたばかりの方は、まずはしっかり中央部分がどこかを計り、鉛筆で印をつけてみるのが良いかもしれません。慣れてくるとだんだんわかってきて、半分に軽く折り、ある程度感覚で決めることができるようになります。

 

さらに、作業をして行く中で、様々な長さの紙バンドがごちゃごちゃに混ざってしまうこともあり得ます。そこで、慣れるまでは用途ごとにメモを添えてひとまとめにしておくことができるでしょう。

 

クラフト手芸の分野ではボンドを使う機会もたくさんあることでしょう。時にボンドをつけ過ぎてしまうことがあるかもしれません。その場合どうすれば良いのでしょうか。乾く前に早めにふき取ることがポイントです。濡れタオルなどですぐにふき取るようにしてみましょう。

 

ボンド作業をする際には、手元に濡れタオルをあらかじめ用意しておくこともできるかもしれません。

 

すぐに始めやすい手芸キット

始めやすい手芸キット

ダイソーで購入できる「羊毛フェルトキット」です。

 

「紙バンドで編むバスケット」

セリアでは、こんなキットもあります。「紙バンドで編むバスケット」です。5メートルもの紙バンドがついてきます。

 

「サンフェルト マカロンミニポーチ」

ホビークラフト大型専門店、ユザワヤで扱われている「サンフェルト マカロンミニポーチ」もなかなかおしゃれなキットです。

 

 

様々な手芸キットがあります。分野も様々です。ここでは、始めやすい手芸キットを幾つか紹介させていただきます。

 

まずはダイソーで購入できる「羊毛フェルトキット」です。クマやトラ、カエル、ゾウ、ウサギ、ブタの6種類が用意されており、動物の小さなストラップを作れるようになっています。作り方も丁寧にカラーで説明されており、きちんと針までセットでついてきます。

 

Craft Townでも羊毛フェルトのかわいらしいキットが販売されています。例えば、「羊毛でつくる Chiku Chiku ぽんぽんブローチキット」があります。

 

犬と猫がそれぞれ6種類あるのですが、1つのキットでそのうちの2種類作れるようになっています(トイプードル・ポメラニアン、茶柴・黒柴、スコティッシュホールド・エキゾチックショートヘア、チワワ・ゴールデンレトリバー、三毛猫・アメリカンショートヘア、黒ネコ、白ネコ)。普通はニードルを使って作る羊毛マスコットなのですが、ベースはポンポンで作成しますので、短い時間で作ることができます。

 

セリアでは、こんなキットもあります。「紙バンドで編むバスケット」です。5メートルもの紙バンドがついてきます。もしキットの説明書だけでは作成が難しい場合には、このバスケットはNHKの「おしゃれ工房」でも紹介されましたので、「おしゃれ工房」のテキストも参考にすることができるかもしれません。おしゃれな花の模様もついて、お値段が安いわりには、しっかりとした出来栄えになるキットです。

 

ホビークラフト大型専門店、ユザワヤで扱われている「サンフェルト マカロンミニポーチ」もなかなかおしゃれなキットです。定規、ボンド、はさみや縫い糸があれば、個人差はあるものの1時間ほどで作成することができます。500円玉が入る位のサイズの、おしゃれなリボンがついたミニポーチとなっています。色もブルーベリー、シトロン、ラズベリー、エスプレッソなどがあります。

 

ハンドメイド初心者から抜け出すには

ハンドメイド初心者から抜け出すために、どんな作品にチャレンジできるでしょうか。

 

例えば、中級者以上の方は透明樹脂レジンで小物を作ってみることができるかもしれません。レジンとは「硬化樹脂」のことですが、それには2つの種類があります。主剤と硬化剤を混ぜて使用する2液タイプと、紫外線に当てて硬化するUVタイプのものです。どちらかと言うと、UVタイプの方が臭いが少なく硬化も早いと言えます。

 

UVのレジン液は、セリアやダイソーなどで気軽に安く購入することができるようになっています。レジンアクセサリーを作成するためのパーツも安く手に入ります。

 

レジンアクセサリー作成の基本の工程は次のようになっています。入れたいパーツを型に詰めます。それからレジンを注ぎます。そして、UVライトを当ててゆきます。基本の工程はそれほど難しくはありません。しかしながら、上達するためにはポイントがあります。

 

ここで、幾つかの抑えたいポイントを考えてみたいと思います。底がついていないタイプの型枠を使って、レジンアクセサリーを作成することがあるかもしれません。そんな時、先に薄くレジンをまず敷いておき、その後、パーツを入れるようにしてみましょう。

 

そうしないと、硬化する前に、入れたはずのパーツがこぼれてしまう可能性があります。先に薄くレジンを敷いておくだけで、こぼれないで済みますし、手触り自体も良くなるかと思います。

 

さらに、レジンアクセサリーを作成する際に、爪楊枝を使って作業するテクニックがあります。爪楊枝を用いれば、硬化する前に気泡を潰すことができるのです。完成度の高い作品に仕上げることができるでしょう。

 

ハンドメイド初心者から抜け出すためには良い材料を選ぶ「目」を養うことも大切です。

 

例えば、レジンアクセサリーの場合ですと、色とりどりのミニチュアフラワーを準備してみたり、キラキラ光る「琉球ガラス」のカレットを準備して使ってみることもできます。印象的な作品になることでしょう。

 

神技ニードルフェルトを身につける方法

ニードルフェルトとは、フェルトの生地を専用の針でチクチク刺していき、フェルトの繊維を意図的に崩して、マスコット等の形を作り出す技術のことを言います。

 

ニードルフェルトは、手芸のジャンルの一つになり、フェルトを自由な形に形成することができるので、球体を作ることもできます。

 

このような特徴からフェルトだけで作るぬいぐるみや、マスコットを作るのに適しているため、ニードルフェルトのマスコットづくりは世界的に有名ですが、昨今では日本でも人気が高まっているためブームになっています。手芸用品の中では、必要な道具が少なく済み、簡単に始められるのも人気の理由です。

 

ニードルフェルトは、慣れてくると作成図などがなくてもオリジナルで好きな形に仕上げることができますし、ペットを飼っている人は、ペットの抜け毛で作ってみたり幅広く楽しむことができるのです。

 

さすがに神様のようにはできませんが、ニードルフェルトをきれいに作れる技を身につける方法としてまず、毛羽たちを抑えられるかがポイントになります。大抵、ニードルフェルトを作っていると、表面がぼさぼさとなってしまうことがあります。

 

ニードルフェルトは、ニードルという針を使用してチクチク刺して固めながら形を作っていくのですが、ぼさぼさになっている原因は、まだ刺したらない状態ということなのです。ですから、ポイントとして表面の場合、深く刺すのではなく、浅くそして細かく刺していきます。

 

指に注意しながら、毛羽立っている個所を指の腹の部分で寝かせながら刺してみます。そのように、時間をかけて細かく刺していけば毛羽立ちは収まっていきます。

 

リアルなニードルフェルトを綺麗な形で仕上げていくのは、技術が求められるのです。リアルなニードルフェルトを作成する時に基本となるのが、体の芯づくりになります。

 

骨格の資料を入手して参考にすることもできます。顔も丸い球体から始まるので、羊毛をしっかりと固めに丸く球の形にしていきます。鼻の部分は、後からつけるため片方はふわふわの状態で、片方はしっかり固く刺すようにします。それから、丸い球体の顔に鼻の部分を付けていき、目の部分は、プラスチックアイを利用できます。

 

独学でニードルフェルトをマスターするには、かなりの時間・努力が必要になりますから、通信講座などを利用するならニードルフェルトをマスターすることができるでしょう。

 

ハンドメイドを趣味にしている方はたくさんおり、クラフト手芸やニードルフェルトなど色々な種類があります。不思議なもので、人は機械で大量生産されたものよりも、人の手で気持ちをこめて作られたものに自然と愛着を覚えます。

要点を紹介するキャラクター

 

ハンドメイド系の資格ランキング

ハンドメイド系の資格ランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

手芸アドバイザーの特徴

第1位は、手芸アドバイザーの資格です。「手芸アドバイザー」は、日本生活環境支援協会が主催する資格です。手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピングや、ギャザー等の色々な知識、技術を理解していることを認定する資格になります。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
手芸アドバイザーの総評
  • クラフトに関するカーピングの知識、技術
  • ギャザー等の色々な知識、技術を理解していることを認定する資格
  • 「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、手芸アドバイザー資格取得のための「ハンドメイドマイスターW資格講座」を実施
公式サイトへ

 

画像名を入力

ハンドメイドマイスターの特徴

第2位は、ハンドメイドマイスターの資格です。「ハンドメイドマイスター」の資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。ハンドメイドマイスターとは、ある一定以上の水準の各種クラフトやハンドメイドの創作スキルを持っている人へ認定される資格になります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ハンドメイドマイスターの総評
  • 各種クラフトやハンドメイドの創作スキルを持っている人へ認定される資格
  • クラフト関係の職種を考えている方にもおすすめ
  • 通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、ハンドメイド基本コースと、プラチナコースを実施
公式サイトへ
第1位:手芸アドバイザー

第1位は、手芸アドバイザーの資格です。「手芸アドバイザー」は、日本生活環境支援協会が主催する資格です。

 

手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピングや、ギャザー等の色々な知識、技術を理解していることを認定する資格になります。資格を取得した後は、自宅やカルチャースクール等で講師として活動ができます。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、手芸アドバイザー資格取得のための「ハンドメイドマイスターW資格講座」を実施しています。「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれ、満足度が高いと評価されています。

 

自宅で手芸アドバイザーの資格だけではなく、ハンドメイドマイスターの資格も簡単に取得することが可能になっています。「スペシャル講座」を受講するなら、手芸アドバイザーを主催する日本生活環境支援協会、そしてハンドメイドマイスターを主催する日本デザインプランナー協会より指定講座として認定されているので、試験免除で資格が取れます。確実に資格を取得したい人にピッタリの講座になります。

 

第2位:ハンドメイドマイスター

第2位は、ハンドメイドマイスターの資格です。「ハンドメイドマイスター」の資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。

 

ハンドメイドマイスターとは、ある一定以上の水準の各種クラフトやハンドメイドの創作スキルを持っている人へ認定される資格になります。資格を取得した後は、講師活動等、資格を活かした活動が可能になります。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、ハンドメイド基本コースと、プラチナコースが準備されています。プラチナコースは、卒業時に試験免除で資格が認定されるため、ハンドメイドマイスターの資格と手芸アドバイザーの資格を確実に取得することができます。

 

手芸アドバイザーの資格を取得すると、手芸教室を開くことも可能になります。SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあり、高い評価を得ています。やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。

 

分からないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。

 

一番おすすめなのは「手芸アドバイザー資格」

ニードルフェルトのスキルアップのために参考となる資格は「手芸アドバイザー」
趣味の中でも人気を誇る手芸
オススメなのが「諒設計アーキテクトラーニング」の「ハンドメイドマイスターW資格講座」

ニードルフェルトのスキルアップのために参考となる資格は、日本生活環境支援協会が主催する「手芸アドバイザー」です。

 

手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピングや、ギャザー等の色々な知識、技術を理解していることを認定する資格で、女性に人気の資格なのです。

 

趣味の中でも人気を誇る手芸は、現在ではビジネスの面でも大きく躍進しており、市場規模は約4,400億円と言われています。そんな手芸に関する知識、技術を極めて、カルチャースクール等や自宅で教室を開いてアドバイスするプロを手芸アドバイザーと言うのです。手芸アドバイザーの認定試験は、偶数月に定期的に開催されています。

 

手芸アドバイザーの受験資格は特に定められていませんから、誰でも受験できます。そして、この手芸アドバイザーの試験は在宅受験のスタイルを採用しているので、自宅でリラックスしながら試験を受けることができます。

 

ですから、受験会場までの交通費はかかりませんし、子どもがいるので外出が難しい人や、休みが取れない人も資格取得を目指すことができます。

 

答案用紙を期限内で返送すれば、試験は終了になります。受験料は10,000円で、申し込みは公式ホームページから申し込めます。受験の申し込みをすると、郵送で試験用紙が届きます。

 

手芸アドバイザーの合格基準は「70%以上の評価」になっていますが、初めての人などは、どのように勉強をすれば良いのか不安に感じる人もいます。

 

そのような人にオススメなのが「諒設計アーキテクトラーニング」の「ハンドメイドマイスターW資格講座」です。諒設計アーキテクトラーニングの学習カリキュラムは、受講生一人一人が自分のペースで安心して学習することができるスタイルが採用されており、すぐに資格を取得したい人は最短2ヶ月で資格を取得することができます。

 

初心者に分かりやすいテキストや、試験対策用問題集や模擬試験が付いてきますし、学んだことを実践に活かせるクラフトセットキットが付いてくるのです。

 

この講座は、日本生活環境支援協会、日本デザインプランナー協会より、「手芸アドバイザー」、「ハンドメイドマイスター」の指定講座と認められていて、試験免除で資格が取得できる「スペシャル講座」を受講することができます。他にも、ニードルフェルトに特化した「ニードルフェルトデザインマイスターW資格取得講座」もあります。

 

手芸資格はこちら

 

まとめ

ハンドメイドを趣味にしている方はたくさんおり、クラフト手芸やニードルフェルトなど色々な種類があります。不思議なもので、人は機械で大量生産されたものよりも、人の手で気持ちをこめて作られたものに自然と愛着を覚えます。

 

初心者であれば、手芸キットを手芸用品で購入してチャレンジすることもできますし、手芸教室で習うこともできます。

 

趣味の中でも人気を誇る手芸は、現在ではビジネスの面でも大きく躍進している分野なのです。しかし、ハンドメイド初心者から抜け出すためには、良い材料を選ぶ「目」を養うことが大切ですし、技術も求められます。そうすれば、自分の作ったものに自信もできますし、満足度も上がるでしょう。

 

そのためにも、スキルアップして資格を取得することがおススメです。ただし、やみくもに独学で学ぶよりも、通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。分からないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。

 

「手芸アドバイザー」の資格は、クラフトに関するカーピングや、ギャザー等の色々な知識、技術を理解していることを認定する資格で、女性に人気の資格なのです。そんな手芸に関する知識、技術を極めて、カルチャースクール等や自宅で教室を開いてアドバイスするプロになることができます。

 

また、「ハンドメイドマイスター」の資格は、ある一定以上の水準の各種クラフトやハンドメイドの創作スキルを持っている人へ認定される資格になり、資格を取得した後は、講師活動等、資格を活かした活動が可能になります。

 

また、手芸アドバイザーを主催する日本生活環境支援協会、そしてハンドメイドマイスターを主催する日本デザインプランナー協会より指定講座として認定されている講座があり、試験免除で資格が取れるものもあります。

 

確実に資格を取得したい人にピッタリの講座になります。ぜひ、この機会に是非資格取得を目指してみるのはいかがでしょうか?

更新履歴