ビーズアクセサリー資格を取るには

MENU

ビーズアクセサリー資格とは?

 

ビーズアクセサリー資格とは、ビーズでできた作品を作るために必要な一定の技術やそれに関する知識を有している人が保有することができる資格です。さまざまな団体が主催しているので、その内容や効果的な活用法には若干の差があります。自分のスキルアップのために資格を取得することもできますし、ビーズアクセサリー講師や、ビーズアクセサリー教室を開きたいという目的をもって資格を取得を目指す方もいます。

 

このように人それぞれ資格を取得する目的が異なりますので、自分の用途にあったビーズアクセサリー資格を選ぶことができるでしょう。今回は多くの方が受験している「ビーズアクセサリーデザイナー」と「ビーズアクセサリーインストラクター」の資格のとりかたについてご紹介します。

 

「ビーズアクセサリーデザイナー」資格をとるには?

ビーズアクセサリーデザイナー資格は、ビーズに関する知識はもちろん、天然石に関する知識、ビーズの技術、アクセサリー作成に必要な基本的な知識や技術が求められます。年に6回、偶数月に在宅受験することができます。受験料として税込み10,000円必要です。

 

申し込みは、インターネットからすることができます。受験資格は特に求められていませんので、どなたでも受験することができます。試験に必要な知識や技術などは独学でも学ぶことはできますが、通信講座を受講するなら効率よく学ぶことができるのでおススメです。

 

「ビーズアクセサリーインストラクター」資格をとるには?

ビーズアクセサリーインストラクター資格は、天然石ビーズの性質とそれがもたらす効果、身に着ける場所、手入れの仕方、さまざまなデザインのネックレス、ピアス、イヤリング、ブレスレットの作り方の知識と技術が求められます。ビーズアクセサリーデザイナー試験同様、年に6回、偶数月に在宅受験することができます。

 

受験料として税込み10,000円必要となります。申し込み方法も同じで、インターネットですることができます。この認定試験を受けるためにも通信講座がありますので、受講するなら自分のペースで効率よく学んでいくことができます。

 

まとめ

ビーズアクセサリー資格は、それを主催している団体によって試験の範囲が異なりますので、自分の用途に合った資格を見つけ受験することができます。その中でも一般的なビーズアクセサリー資格は、ビーズアクセサリーデザイナー資格とビーズアクセサリーインストラクター資格です。

 

両社とも年に6回偶数月に試験を実施しています。インターネットで申し込みをし、在宅受験なので自宅から出ずに資格を取得することができるというメリットがあります。

関連ページ

手芸教室で生涯学習を楽しもう
生涯学習とは、学ぶことや学習することを生涯にわたって続けていくことです。日本では各自治団体や市、大学などで”生涯センター”というものが設けられておりさまざまなことを学んだり学習したりすることができます。それには俳句、ガーデニング、書道、スポーツ、パソコン、手芸、語学、子育て、音楽、文芸、政治、環境、狂言、能、文化、宗教、茶道などざまざまな分野を扱っています。
満足度の高い手芸キットまとめ
手芸の中でもフェルトは多くの方が楽しんでいるもののひとつです。そんな様子をみて、初めてみたい!という方もいることでしょう。そんな初めての方におススメなのは「羊毛フェルトスターターセット」というものです。スターターというネーミング通り、初めての方を対象としたキットとなっています。
ニードルフェルト上達に必要なポイント
羊毛フェルトを針で何回刺してもフワフワしていて固まらない・・と失敗する方も少なくないようです。その原因として、フワフワしている状態から刺し始めていることが考えられます。固くするためには、専用のニードルで刺していくことにより繊維を絡めることができ、フェルト化させることができます。なのでまず手による圧縮や摩擦を加えることが必要です。
もう悲しくならないニードルフェルト応用術
ニードルフェルトのメインの材料・羊毛フェルトは、自分が作りたいものや好みに合わせてカラーや量を選ぶことができます。あらかじめ完成作品をイメージしているなら作りやすいでしょう。ニードルフェルトというと、アニマルやスィーツなどのモチーフが一般的となっていますが、応用してアクセサリーを作ることもできます。
ハンドメイド品でも売れる羊毛フェルトデザイン
羊毛フェルトと使用したリアル動物は、ハンドメイド品の中でも大人気の作品です。リアルな犬や猫などの羊毛フェルトマスコットは、1万円以上の値段で売れることもあります。とくにペットとして飼っている種類の犬や猫の作品があったら、買ってしまいたくなるかわいらしさです。大きさは、手のひらサイズにのるくらいが一番人気のようです。
ビーズアクセサリーが生かせる分野
ビーズアクセサリーの技術があるなら、ビーズアクセサリー講師としてその技術を活かすことができます。ビーズアクセサリー講師に必要なことは、基本的な技術があることです。基本がしっかり身についているなら、それを自分なりにアレンジすることができ技術のレベルの上達につながります。
ビーズでスマホケースをおしゃれにデザイン
友だちとかぶりたくないオシャレなスマホケースが欲しい!という方は、自分でスマホケースをおしゃれにデザインすることができます。そこで今流行の”アイロンビーズ”を使用してみるのはいかがですか?簡単に作ることができる方法として、専用アプリを使用してデザインすることができます。
ビーズで名刺ケースをおしゃれにデザイン
ビーズで名刺ケースをおしゃれにデザインするために、名刺ケース自体から自分で作ってみることができます。名刺ケースの作り方はいろいろありますが、ポケットティッシュの小判型をイメージした作り方をまずご紹介します。まず必要なものとして名刺ケースの表布13p×20p、内布13p×8p、13p×14pを用意します。
ビーズでネイルをもっとおしゃれにしよう
ビーズというとアクセサリーなどの手芸イメージがありますが、ネイルにビーズを使用する「ビーズネイル」が若い世代の方を中心に流行っています。ビーズの色とりどりのカラフルさを活かしておしゃれすることができるビーズネイルは、見ているだけでもテンションがアップするかわいさです。その方法は基本、ネイルにカラフルなビーズをのせるだけで、ポップな指先にすることができます。
手作りを楽しむための手芸アドバイザー
手芸を趣味としている方なら、自分で洋服などを裁縫したり、さまざまな模様で柄やデザインを毛糸や刺繍で編んだりなど楽しんでいることでしょう。実用的な作品を作ることができるので、子どものために手作りをしている方も少なくありません。 また既製品の商品に自分で装飾をしてアレンジをして楽しんでいる方もいます。さらに店頭では多くの手芸キットが販売されています。レベル向けで用意されているので、初めて行うハンドメイドにも気軽に挑戦することができ、技術を身に着けていいくことができます。
手作りでマフラーかセーターを作ろう
手作りマフラーやセーターは既製品とは異なる暖かさがあります。市販のマフラーやセーターは、ほとんどアクリル素材で、機械編みでつくられているため、網目に隙間が多くなっています。しかし、手作りするならウールマークがついている毛糸を使用することができるので、ウール100パーセントで仕上げることができます。また網目も手でひとつひとつしっかり編み込んでいくので、密集させることができます。
手作り封筒や便箋を活用しよう
電子メールやSNSなどで連絡することが一般的となっている現代、多くの方が手紙を書くことから離れてしまっているのが現状です。最後に手紙を書いたのはいつでしょうか?最後に手紙をもらったのはいつですか?手紙はいつもらっても嬉しいものです。特別な日はもちろん、ちょっとしたメッセージでも感動するのではないでしょうか?
手芸の知識でネイルもおしゃれに楽しめる
ハンドメイトアクセサリーでお馴染みのレジン製作に使用する”埋め込みパーツ”をネイルでおしゃれに応用することができます。レジン埋め込みパーツとは、好きなパーツをUVレンジ液に閉じ込めるだけで簡単にアクセサリーを作ることができるのでハンドメイドではお馴染みの手法となっています。
手芸デザインを手帳づくりにも生かそう
多くの方がスマホでスケジュールを管理する時代になりましたが・・自分で書きたい!という方もまだまだ多くいらっしゃいます。そんな方が手帳に求めていることは、必要な時にすぐに見れて書けることです。しかし、市販の手帳は自分が書きたい思っている必要な項目がなかったり、不必要なものが多かったり・・と自分好みの手帳を見つけることに難しさを感じているようです。
女子力アップに手芸スキルは必須
日常生活の中で趣味の話題になることがよくあります。そんな時、女子力の高さをアピールできる趣味は”手芸”です。裁縫や編み物などの手芸ができる女性は男性にとって持っていない一面なので、女子力をアピールすることができるのです。
思い通りのアイテムを作れる手芸スキル
すでに手芸スキルを身に着けているなら家族のため、特に子どものためにその技術を活かすことができます。子育て中は家に居る方も少なくありません。その時間を活用し、子どものために必要となるものを手作りしてあげることができるでしょう。たとえば裁縫の技術があるならベビー服や子ども服を簡単に作ることができるでしょう。お気に入りの生地で作ってあげるなら、どこにもないオリジナルの服を子どもに着せてあげることができます。
おしゃれな包装や梱包も手芸で用意しよう
プレゼントをもらったとき、包装紙を開けるときのわくわく感はとても楽しい瞬間です。何が入ってるんだろう?と想像しながら包みを開ける時間もプレゼントに含まれます。そんなひと時をさらに楽しく、感動してもらうために包装や梱包を手芸で手作りしてみるのはいかがでしょうか?
紙素材を生かしたクラフトデザイン
紙素材できているクラフトバンドや紙バンドを使用して、自分だけのオリジナルかごバックやバスケットを作ることができます。特殊な紙糸を並べて編んでいく作品は、編み方次第で多くのデザインで作成することができます。紙素材が持つ独特なやさしさやあたたかみを活かし、休みの日などにお弁当を入れて公園などにピクニックに大活躍することができるでしょう。またいくつかバスケットを作り、お部屋のインテリアとしても使用することができます。
皮・合皮を生かしたクラフトデザイン
皮・合皮、つまりレザークラフトは、さまざまな種類の作品を作ることができます。レザークラフトが初心者なら、まずキーチェーンや財布などの小物から始めることができます。最近ではレザークラフトキットというものも用意されていますので、それを試してみるのもひとつの方法かもしれません。
ブックカバーをおしゃれにデザインするコツ
本屋さんでつけてくれる紙のブックカバーではなく、自分だけのおしゃれでオリジナルのブックカバー作ってみるのはどうですか?自分のお気に入りのショップの紙袋や、かわいい包装紙でリサイクルして作ることができます。その作り方はとても簡単です。まず紙袋を解体して一枚の紙の状態にし、その上に本を置いてみます。ショップのロゴが見えるように本を置くのがコツです。そして本のサイズよりも大きめにカットします。最低でも上下3pずつ左右10pずつ程度はあけてカットしましょう。
毛糸とビーズでできるおしゃれデザインクラフト
細い毛糸、またはレース糸にビーズを編みこむと、可愛いシュシュを作ることができます。必要な材料は、ヘアゴム1個、細い毛糸かレース糸、お好みのビーズ100個程度、お花のパーツ、パール、9ピン1本、丸カンで作成することができます。毛糸で編むフリルが特徴となっているので、手首にブレスレット代わりに使用することもできます。
使える手芸用品を集めるのにかかる費用
手芸と一言で言っても幅広いジャンルに分かれます。それにはソーイング、編み物、アクセサリー作り、ビーズアクセサリー作り、ネイルビーズ、羊毛フェルト、皮・合皮クラフト、紙クラフトなどの幅広い手芸を挙げることができます。各手芸は、手法や技法が異なるのはもちろん、使用する道具もそれぞれ異なります。
思い通りのネイルビーズでネイリストスキルアップ
ネイリストは、常にその時の流行に合ったネイルを提案する必要があります。そのためにファッションセンスを磨かなければいけません。ファッションセンスを磨くなら、ネイリストとしてのセンスも磨かれていきます。それに加え、技術ももちろん必要です。すでにネイルサロンや自宅で開業されている方の中には、資格を持たずに行っている方もいるかもしれません。すでにネイルに関して持っている知識を活かしてスキルアップの為に資格を取得してみるのはいかがでしょうか?
手芸教室の満足度を維持し続ける方法
満足度のある手芸教室を経営している多くの方は、ブログを開設し、それをほぼ毎日更新しています。ブログの読者が多くいるよりも、生徒となる方を対象として読者を集めることが大切です。もちろん遠くから手芸教室に通ってくれる生徒さんもいるかもしれませんが、大半の方が近所などの近場で教室を見つけます。
毛糸でできるおしゃれクラフト
毛糸イコール編み物・・というイメージがありますが、毛糸は編み針を使用しなくてもおしゃれクラフトを作ることができます。その中でも一番簡単にできる巻き付けるだけのシンプルおしゃれクラフトをご紹介しましょう。ワイヤーや芯材に毛糸をしっかり巻きつけるだけで、お部屋の雰囲気を変身させることができます。
ネイルデザインするには
ネイルデザインは、ネイルサロンに行かなくても自分ですることができます。ネイルサロンに行くことももちろんできますが、お金と時間がかかります。ではどのように自宅でネイルデザインをすることができるでしょうか?まずその基本をマスターすることは大切です。
ニードルフェルト資格を取るには
ニードルフェルト資格を取得するなら、正しい技術を身に着けることができます。つまり、技術を体系的に、効率的に取得することができます。もちろん書籍やインターネットなどで独学で学ぶこともできますが、通信講座で学ぶなら資格に必要となる知識や技術を効率よく学ぶことができます。資格を取得するなら、自宅で教室を開いたり、作品を販売したりする際に、資格が生徒やお客さんとの信頼をつなげてくれます。