ビーズアクセサリー資格を取るには

MENU

ビーズアクセサリー資格とは?

 

ビーズアクセサリー資格とは、ビーズでできた作品を作るために必要な一定の技術やそれに関する知識を有している人が保有することができる資格です。さまざまな団体が主催しているので、その内容や効果的な活用法には若干の差があります。自分のスキルアップのために資格を取得することもできますし、ビーズアクセサリー講師や、ビーズアクセサリー教室を開きたいという目的をもって資格を取得を目指す方もいます。

 

このように人それぞれ資格を取得する目的が異なりますので、自分の用途にあったビーズアクセサリー資格を選ぶことができるでしょう。今回は多くの方が受験している「ビーズアクセサリーデザイナー」と「ビーズアクセサリーインストラクター」の資格のとりかたについてご紹介します。

 

「ビーズアクセサリーデザイナー」資格をとるには?

ビーズアクセサリーデザイナー資格は、ビーズに関する知識はもちろん、天然石に関する知識、ビーズの技術、アクセサリー作成に必要な基本的な知識や技術が求められます。年に6回、偶数月に在宅受験することができます。受験料として税込み10,000円必要です。

 

申し込みは、インターネットからすることができます。受験資格は特に求められていませんので、どなたでも受験することができます。試験に必要な知識や技術などは独学でも学ぶことはできますが、通信講座を受講するなら効率よく学ぶことができるのでおススメです。

 

「ビーズアクセサリーインストラクター」資格をとるには?

ビーズアクセサリーインストラクター資格は、天然石ビーズの性質とそれがもたらす効果、身に着ける場所、手入れの仕方、さまざまなデザインのネックレス、ピアス、イヤリング、ブレスレットの作り方の知識と技術が求められます。ビーズアクセサリーデザイナー試験同様、年に6回、偶数月に在宅受験することができます。

 

受験料として税込み10,000円必要となります。申し込み方法も同じで、インターネットですることができます。この認定試験を受けるためにも通信講座がありますので、受講するなら自分のペースで効率よく学んでいくことができます。

 

まとめ

ビーズアクセサリー資格は、それを主催している団体によって試験の範囲が異なりますので、自分の用途に合った資格を見つけ受験することができます。その中でも一般的なビーズアクセサリー資格は、ビーズアクセサリーデザイナー資格とビーズアクセサリーインストラクター資格です。

 

両社とも年に6回偶数月に試験を実施しています。インターネットで申し込みをし、在宅受験なので自宅から出ずに資格を取得することができるというメリットがあります。

関連ページ

手芸教室で生涯学習を楽しもう
生涯学習とは、学ぶことや学習することを生涯にわたって続けていくことです。日本では各自治団体や市、大学などで”生涯センター”というものが設けられておりさまざまなことを学んだり学習したりすることができます。それには俳句、ガーデニング、書道、スポーツ、パソコン、手芸、語学、子育て、音楽、文芸、政治、環境、狂言、能、文化、宗教、茶道などざまざまな分野を扱っています。
手芸アドバイザーになるには
手芸アドバイザーは日本生活環境支援協会が認定している、手芸に関するカーピングやギャザーなどの知識や技術を有していることを証明する資格です。クラフトと一言でいっても、それには刺繍、編み物、小物づくり・・など幅広いジャンルがあります。手芸アドバイザー資格を持っているなら、自分が作った作品を店頭やインターネットなどで販売したり、自宅で手芸教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として活躍することができます。
クラフト手芸資格を取るには
クラフト手芸資格にはいくつかの種類がありますが、どれも民間資格であり国家資格ではありません。しかし、資格があるなら、それによって得た知識や技術を肩書として使うことができます。手芸を趣味としてスキルアップすることもできますし、自宅で手芸教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として教えることもできます。
ニードルフェルト資格を取るには
ニードルフェルト資格を取得するなら、正しい技術を身に着けることができます。つまり、技術を体系的に、効率的に取得することができます。もちろん書籍やインターネットなどで独学で学ぶこともできますが、通信講座で学ぶなら資格に必要となる知識や技術を効率よく学ぶことができます。資格を取得するなら、自宅で教室を開いたり、作品を販売したりする際に、資格が生徒やお客さんとの信頼をつなげてくれます。