ニードルフェルト資格を取るには

MENU

ニードルフェルト資格のメリットとは?

 

ニードルフェルト資格を取得するなら、正しい技術を身に着けることができます。つまり、技術を体系的に、効率的に取得することができます。もちろん書籍やインターネットなどで独学で学ぶこともできますが、通信講座で学ぶなら資格に必要となる知識や技術を効率よく学ぶことができます。資格を取得するなら、自宅で教室を開いたり、作品を販売したりする際に、資格が生徒やお客さんとの信頼をつなげてくれます。

 

 

もちろん資格がなくても教室は開けますし、販売もすることができます。しかし、資格をアピールするなら生徒やお客さんは安心感を得ることができるでしょう。ですから資格はないよりも取得している方が役に立つのです。ではここでおススメのニードルフェルト資格をご紹介します。

 

「ニードルフェルトデザインマスター」資格をとるには?

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催するニードルフェルトデザインマスター資格は、ニードルフェルトに必要な道具や基本のフェルトボールの作り方、ニードルフェルト刺繍の技術、目のつけ方などニードルフェルト製作に関する知識や技術が求められます。

 

この資格があるなら、インターネットで販売する際に、自分の技術を証明することができるので、インターネットで販売したい方や、独立してお店で販売したいという方に特におススメの資格です。試験では実際にペンギンやオーナメントなどを作成してその能力がテストされます。試験は年に6回偶数月に実施されており、自宅での在宅受験となっているので、忙しい方でも安心して気軽に受験することができるでしょう。申し込みはインターネットを通しておこなうことができます。

 

「羊毛フェルトアドバイザー」資格をとるには?

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する羊毛フェルトアドバイザーは、羊毛フェルトで作成する際に必要となる基本的な知識や技術、またレシピなどを知っていることが求められます。またアドバイザーと名前がついている通り、自分の持っている知識や技術を他の人に伝えたり、教えたりする能力も求められます。

 

なので、自宅やカルチャースクールなどで講師としてして活躍したい方におススメの資格となっています。こちらもニードルフェルトデザインマスター資格同様、年に6回偶数月に試験が実施されています。在宅受験となっていますので、自分の空いている時間を活用することができます。こちらもインターネットからの申し込みとなります。

 

まとめ

ニードルフェルト資格を取得するなら、正しい技術を学ぶことができます。資格があるなら講師として活躍したり、作品を販売したりする上でお客さんとの信頼関係をつなげることができます。

 

おススメの資格として自分の自分の技術を証明することができる「ニードルフェルトデザインマスター」資格と、人に教える能力も身に着けることができる「羊毛フェルトアドバイザー」資格です。年に6回偶数月に自宅で試験を受けることができるので、気軽に受験することができるでしょう。

関連ページ

手芸教室で生涯学習を楽しもう
生涯学習とは、学ぶことや学習することを生涯にわたって続けていくことです。日本では各自治団体や市、大学などで”生涯センター”というものが設けられておりさまざまなことを学んだり学習したりすることができます。それには俳句、ガーデニング、書道、スポーツ、パソコン、手芸、語学、子育て、音楽、文芸、政治、環境、狂言、能、文化、宗教、茶道などざまざまな分野を扱っています。
手芸アドバイザーになるには
手芸アドバイザーは日本生活環境支援協会が認定している、手芸に関するカーピングやギャザーなどの知識や技術を有していることを証明する資格です。クラフトと一言でいっても、それには刺繍、編み物、小物づくり・・など幅広いジャンルがあります。手芸アドバイザー資格を持っているなら、自分が作った作品を店頭やインターネットなどで販売したり、自宅で手芸教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として活躍することができます。
クラフト手芸資格を取るには
クラフト手芸資格にはいくつかの種類がありますが、どれも民間資格であり国家資格ではありません。しかし、資格があるなら、それによって得た知識や技術を肩書として使うことができます。手芸を趣味としてスキルアップすることもできますし、自宅で手芸教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として教えることもできます。
ビーズアクセサリー資格を取るには
ビーズアクセサリー資格とは、ビーズでできた作品を作るために必要な一定の技術やそれに関する知識を有している人が保有することができる資格です。さまざまな団体が主催しているので、その内容や効果的な活用法には若干の差があります。自分のスキルアップのために資格を取得することもできますし、ビーズアクセサリー講師や、ビーズアクセサリー教室を開きたいという目的をもって資格を取得を目指す方もいます。