クラフト手芸資格を取るには

MENU

クラフト手芸資格とは?

 

クラフト手芸資格にはいくつかの種類がありますが、どれも民間資格であり国家資格ではありません。しかし、資格があるなら、それによって得た知識や技術を肩書として使うことができます。手芸を趣味としてスキルアップすることもできますし、自宅で手芸教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として教えることもできます。

 

また自分のオリジナル商品をブランドとして立ち上げることや、作品を販売することなどもできます。取得する資格により用途が異なりますので、自分の目的に合った資格を選ぶことができるでしょう。ではここで多くの方に人気となっている「ハンドメイドマイスター」資格と「手芸アドバイザー」資格のとりかたについてみてみましょう。

 

「ハンドメイドマイスター」資格をとるには?

日本デザインプランナー協会が主催するハンドメイドマイスター資格は、基本的な装飾用糸や布を使い、編み物や布地の小物、装飾品を自分で製作することができる技術が求められます。また各種ハンドメイドに関する知識を身に着けることも必要です。さらに機械では行うことができない手間のかかる工程を制作することができる技術も必要となります。

 

年に6回、偶数月に実施されている試験に合格するなら資格を有することができます。インターネットで申し込みをし、在宅受験となっています。受験料として、税込み10,000円が必要となります。独学でも知識や技術を身に着けることはできますが、自分のペースでカリキュラムをすすめていくことができる通信講座を利用するなら効率よく学ぶことができます。

 

「手芸アドバイザー」資格をとるには?

日本生活環境支援協会が認定する手芸アドバイザー資格は、クラフトに関するカーピングや、ギャザーに関するさまざまな知識や技術などが求められます。幅広いアイデアでアレンジする能力を身に着けることができるので、身近なものをアレンジすることができるようになります。

 

手芸アドバイザー資格もハンドメイドマイスター資格同様、年に6回偶数月に試験を実施しています。受験料は10,000円でインターネットから申し込みをすることができます。2つの資格をWで目指すことができる通信講座もあるので利用してみることができるかもしれません。

 

まとめ

クラフト手芸資格には種類があるので自分の目的にあった資格を選ぶ必要がありますが、もしどれを目指そうか悩んでいるなら「ハンドメイドマイスター」資格か「手芸アドバイザー」資格を取得することを目標とすることができるかもしれません。

 

それぞれ求められている内容は異なりますが、試験は年に6回偶数月に実施されています。二つの資格をW取得で目指してみるのもいいでしょう。

関連ページ

手芸教室で生涯学習を楽しもう
生涯学習とは、学ぶことや学習することを生涯にわたって続けていくことです。日本では各自治団体や市、大学などで”生涯センター”というものが設けられておりさまざまなことを学んだり学習したりすることができます。それには俳句、ガーデニング、書道、スポーツ、パソコン、手芸、語学、子育て、音楽、文芸、政治、環境、狂言、能、文化、宗教、茶道などざまざまな分野を扱っています。
手芸アドバイザーになるには
手芸アドバイザーは日本生活環境支援協会が認定している、手芸に関するカーピングやギャザーなどの知識や技術を有していることを証明する資格です。クラフトと一言でいっても、それには刺繍、編み物、小物づくり・・など幅広いジャンルがあります。手芸アドバイザー資格を持っているなら、自分が作った作品を店頭やインターネットなどで販売したり、自宅で手芸教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として活躍することができます。
ビーズアクセサリー資格を取るには
ビーズアクセサリー資格とは、ビーズでできた作品を作るために必要な一定の技術やそれに関する知識を有している人が保有することができる資格です。さまざまな団体が主催しているので、その内容や効果的な活用法には若干の差があります。自分のスキルアップのために資格を取得することもできますし、ビーズアクセサリー講師や、ビーズアクセサリー教室を開きたいという目的をもって資格を取得を目指す方もいます。
ニードルフェルト資格を取るには
ニードルフェルト資格を取得するなら、正しい技術を身に着けることができます。つまり、技術を体系的に、効率的に取得することができます。もちろん書籍やインターネットなどで独学で学ぶこともできますが、通信講座で学ぶなら資格に必要となる知識や技術を効率よく学ぶことができます。資格を取得するなら、自宅で教室を開いたり、作品を販売したりする際に、資格が生徒やお客さんとの信頼をつなげてくれます。